Sound Horizon「Elysion」ノベライズ&コミカライズ

| コメント(0) | トラックバック(0)
KADO・Elision.jpg

 Sound Horizonの大ヒットアルバム「Elysion~楽園幻想物語組曲~」の公式ノベライズとコミカライズがついに決定した。Sound HorizonはサウンドクリエーターRevoが主宰するアーティスト集団で、ストーリー性のある歌詞と組曲的な形式による「物語音楽」に定評があり人気を博している。近年では活動の幅をさらに広げ、他作品とのコラボを専門としたプロジェクトLinked Horizonを発足。この活動からアニメ『進撃の巨人』のオープニング楽曲「紅蓮の弓矢」が生まれメガヒットとなり、2013年には「NHK紅白歌合戦」の出場を果たした。Sound Horizonは2014年10月にメジャーデビュー10周年を迎え、それを記念したスペシャル企画のひとつとして、今回「Elysion~楽園幻想物語組曲~」の初の公式ノベライズとコミカライズをKADOKAWAよりスタートさせる。

 
■関連CD情報
 Sound Horizon 4th Story CD「Elysion~楽園幻想物語組曲~」
BZCS-5006 (ベルウッドレコード)好評発売中!
 
 公式ノベルは2015年2月14日に上巻の刊行を予定しており、執筆には十文字青、イラストには左というSound Horizonの世界に造詣が深い実力者を起用し、磐石の布陣で製作を進めている。Sound Horizon主宰のRevoは本プロジェクトに監修者として参画しているが、Sound Horizonが紡ぐ物語音楽は個々の解釈を大切にしているため、本作品は執筆者である十文字青の解釈で構成されている。
 また公式ノベルのコミカライズは、2015年に創刊30周年を迎えるKADOKAWAのマンガ誌「月刊ASUKA」で連載を予定しており、2月号(12月24日発売)から気になる詳細を続々と発表する。
 12月24日からはSound Horizon「Elysion」のティザーサイトがオープン!こちらから小説「Elysion」やコミカライズの情報だけでなく、様々な展開を続々と発表していく予定だ。Sound Horizon初の公式ノベルとなる『Elysion 二つの楽園を廻る物語(上)』は、2015年2月14日に発売、コミカライズは「月刊ASUKA」で連載を開始予定!
 
■書誌情報
 『Elysion 二つの楽園を廻る物語(上)』
2015年2月14日発売 予価1,100円(税抜) 判型B6版
原作/Sound Horizon 執筆/十文字青 装画/左
 如何にして楽園の扉は開かれたのか……。真摯なる策略が無垢なる呪いを招き、男は仮面を被り、女たちが嘆き、少女は笑う。否応なく罪を背負わされ、肉体の檻に閉ざされた者たちの魂の軌跡はどこまで続いてゆくのだろう。その先に楽園はあるのか? そして楽園の正体とは? 終わりなきパレードを率いる仮面の男の目に映った狂気と愛憎の世界が、遂に描かれる!
 
■Sound Horizonとは
 サウンドクリエイターRevoが主宰するアーティスト集団。「幻想楽団」と称され、物語性のある歌詞と組曲的な形式やパッケージ全体で魅せる「物語音楽」を主な作風とする。“Story CD”と銘打たれたコンセプト・アルバム群を主軸に展開、独自性の高いムーブメントを創造しカリスマ的な人気を誇る。2014年でメジャーデビュー10周年を迎えた。
 
■関連サイト
※Sound Horizon official website:★こちら
※Sound Horizon 10th Anniversary Special Site:★こちら
※Sound Horizon「Elysion」ティザーサイト:★こちら
※「月刊ASUKA」公式サイト:★こちら
角川書店ブランドカンパニー
株式会社KADOKAWA

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56522

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月25日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DJ KOMORI×AZUL by moussy R&B MIXCDシリーズ」です。

次のブログ記事は「マルチターゲット型スパイウェアは企業情報に標的」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。