国連WFP、シリア人への来年の支援計画を発表

| コメント(0) | トラックバック(0)
WFP・シリア.jpg

 ベルリン発-国連WFPは18日、2015年のシリア緊急支援の概要を発表した。シリア国内とその周辺国で避難生活を送る650万人以上のシリア人を支援する計画で、それには約15億米ドルの資金が必要であると訴えた。シリア国内では、国内避難民を主とする425万人に対し、月一回の通常の食糧配給を行う。また、一部の家庭は、通常の食糧配給から、労働をしたらその対価として食糧を配給する、という方式に移行する計画。これは強靭な地域社会をつくり、人々が元の生活に戻れるよう支援するもの。さらに、職業訓練を受けたら食糧を配給する、という制度も導入し、来年末までにシリア国内での支援人数を計450万人に増やす予定。

 
 学校給食プログラムも拡大し、国内避難民の割合が高い地域で暮らす生徒50万人に給食を届ける予定。また、支援の届きにくい地域を中心に、栄養不良の子どもたち3万人に対し、栄養状態を改善するための栄養支援を行う。急性栄養不良率が5%を越える地区では、24万人の子どもを対象に栄養強化食品を配布する。
 また、引き続き、シリア国内に暮らす1万5,000人以上の妊婦・授乳中の女性に食糧引換券を提供する。市場や治安状況によっては、配布地域を拡大する予定。
 レバノン、ヨルダン、トルコ、イラク、エジプトで暮らすシリア難民に対しては、210万人を対象に電子マネーの機能が付いている食糧カードを配布する。毎月、一人あたり平均27米ドルの電子マネーを送金予定。このカードで生鮮食品などを地元の食品店で購入できるため、難民受入れ国の経済の活性化に貢献している。この電子マネーを利用した支援により、これまでにこれらの国には10億米ドル近くが投与された。
 国連WFPが、シリア国内で避難生活を送る人々、および、国外に逃れたシリア難民を支援するためには、2015年1~3月の3ヵ月間で3億3,900万米ドルを早急に必要としている。
 シリア危機担当地域緊急調整官を務めるムハンナド・ハディは、「国連WFPの活動はすべて任意の寄付金で成り立っています。シリア人の老若男女、誰一人として飢えることがないよう、世界中の皆様にご支援をお願いいたします」と訴えた。
国連WFP

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56488

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月24日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「断食道場「リフレッシュの森」利用者2,500名突破」です。

次のブログ記事は「JTB海外航空券、日航欧行きタイアップキャンペ―ン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。