『神社YELL(エール)プロジェクト』初カタログ発刊

| コメント(0) | トラックバック(0)
フェリシモ・神社YELL.jpg

 株式会社フェリシモ/FELISSIMO CORPORATION(神戸市中央区)は、古くから日本に伝わる神社文化の継承と発展を目指して、神社とともに未来のしあわせを願うプロジェクト『神社YELL(エール)プロジェクト』を平成26年春より進めている。このたび、プロジェクト初のカタログを発刊した。京都最古の神社で世界文化遺産の上賀茂神社とコラボし、平成27年から始まる式年遷宮を応援する基金付きで、神社や縁起物などをモチーフにしたオリジナルアイテムを販売する。

 
■『神社YELL(エール)プロジェクト』について
 『あなたのしあわせ、誰かのしあわせ、みんなのしあわせを応援して将来世代につないでいきましょう』をコンセプトに、フェリシモと神社がコラボし、ともに未来のしあわせを願うプロジェクト。平成26年春にスタートした。日本古来の神社文化を身近に感じられるような商品やイベントを、コラボパートナーの神社と一緒に発信していく。
 
■『神社YELL(エール)プロジェクト』カタログ概要
 京都最古の神社で世界文化遺産の上賀茂神社をコラボパートナーに、神社にゆかりのあるものをモチーフにした日本製のオリジナルアイテム17点と、上賀茂神社での特別体験企画3点を掲載している。商品1点あたり50円から100円を上賀茂神社式年遷宮基金として、フェリシモがとりまとめて神社に奉納する。奉納金は主に上賀茂神社の社殿の修復などにあてられる。また商品には「YELLカード」をセットしており、願いを記入してフェリシモにご返送いただくと、フェリシモが代表して上賀茂神社に奉納する。
・カタログ名 :『神社YELL』カタログ
・カタログ体裁:A5版24ページ
・販売開始日:2014年12月24日
・アイテム数:20点(アクセサリーやファッション小物のほか、一部体験企画商品もあり)
・商品価格帯:500円~38,100円(税抜き)
・基金について:商品1点あたり50円から100円を基金として、フェリシモがとりまとめて神社に奉納します。奉納金は主に上賀茂神社の社殿の修復などにあてられます。
※ウェブサイト:★こちら
・お届け時期:[2月お届け]お届け時期:2015年2月中旬~下旬
       [3月お届け]お届け時期:2015年3月中旬~下旬
・お申し込み締め切り:[2月お届け]郵送・FAX・電話 2015年2月4日(水)、インターネット 2月12日(木)
           [3月お届け]郵送・FAX・電話 2015年3月6日(金)、インターネット3 月13日(金)
※体験企画や一部商品については、お申し込み方法やお届け時期が異なります。
 
■上賀茂神社と式年遷宮について
 京都市北区にある京都最古の神社で、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)。厄除、電気産業守護、午年の守護神として知られているほか、1450年にわたり続けられている「葵祭(あおいまつり)」が有名。上賀茂神社では、平安時代に定められて以降、21年に1度、社殿を修復する式年遷宮を行っており、平成27年から第42回の式年遷宮が始まる。式年遷宮とは、決められた年ごとに社殿を修復することにより、時代が移り変わっても、技術と文化が次の時代にしっかりと伝承され続ける制度で、伊勢神宮や出雲大社など、日本の主要な神社で行われている。
 
■主な商品のご紹介
・【平成二十七年上賀茂神社 式年遷宮特別企画】
 神社YELLプロジェクト 上賀茂神社願い短冊~しあわせとあふひ~の会
 短冊5枚、願いカード1枚、くみひも1本と結び方レシピのセット。短冊と願いカードは、式年遷宮で改められる社殿に使用されていた檜皮(ひわだ)を錬り込んだ特別な紙を使用しています。願いカードに願いごとを書いてフェリシモにご返送いただくと、フェリシモが代表して上賀茂神社に奉納します。月1セット500円(税抜き・税込み536円)。
・神社YELL 願いをおぼえておくための紅白遣いがまぐちポーチセット
 上賀茂神社の絵馬の形にインスピレーションを受けたがまぐちポーチ大小セット。くみひも部分は、京都の老舗「昇苑(しょうえん)くみひも」の職人による手づくり。縁起がよいとされる二重叶(にじゅうかのう)結びと花結びがアクセント。1セット 3,900円(税抜き・税込み4,204円)。
株式会社フェリシモ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56539

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月26日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「越谷レイクタウン『チームラボ お絵かき水族館』開催中」です。

次のブログ記事は「都市型マンションに住みながら離れて暮らす親を見守る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。