01イベントの最近のブログ記事

講談社・バオーン.jpg

 水木しげる漫画大全集第2期(全35巻 2015年2月3日刊行開始)を記念して「第2回バオーンの夕べ」の開催が決定した。「バオーンの夕べ」は水木しげる漫画大全集の責任監修者・京極夏彦氏らの全集編集委員会のメンバーが、水木しげる漫画の凄さを深く濃く語るトークイベントで、第1回は2014年1月講談社で開催されニコニコ生放送でも配信され15,000人の方が視聴された大人気イベント。第2回は鳥取県米子市にて第3回まんが王国とっとり国際マンガコンテスト授賞式との同時開催になる。出演者は全集編集委員会から京極夏彦氏、村上健司氏、坂野公一氏の3名、さらに水木しげるプロダクション代表・原口尚子氏が登壇の予定。

パナ・パスキン.jpg

 パナソニック株式会社/Panasonic Corporationの企業美術館、パナソニック 汐留ミュージアムは「ジュール・パスキン」展を2015年1月17日(土)から3月29日(日)まで開催する。ポンピドゥー・センター、パリ市立近代美術館、ヨーロッパ個人コレクション…珠玉のセレクションによるパスキンの回顧展。パリにあるコミテ・パスキン*の全面的な協力のもと、国内では16年ぶりとなるパスキンの本格的な回顧展を開催する。ジュール・パスキン(1885-1930)は、「エコール・ド・パリ」といわれる主に1920年代にパリに集った異邦人芸術家たちを代表する画家。フジタやキスリングを親友に持ち、ピカソやシャガールらも活躍した第一次大戦後の「狂乱の時代」に、パリで高い評価を受けて、次々と作品が売れた時代の寵児でした。なかでも、繊細で震えるような輪郭線と、真珠のような輝きを放つ淡く柔らかな色合いで描かれた女性や子どもたちの作品で人気を博した。

テレビ東京・フォーラム.jpg

 テレビ東京/TV TOKYO Holdings Corporationは2015年2月11日(水・祝)、開局50周年特別企画として『テレビ東京ビジネスフォーラム2015』を開催する。会場・ANAインターコンチネンタルホテル東京には、経済報道5番組、「ワールドビジネスサテライト」「Newsモーニングサテライト」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」の出演者や制作スタッフが一堂に集結。「ニッポンの底力を探れ!」をテーマに、トークショーや秘蔵VTRなどを通じ各番組独自の視点で「日本経済を元気にする方法」「日本がグローバルに生き抜くための戦略」のヒントを探る。

明治記念館・和のイルミネ.jpg

 明治記念館(東京都港区元赤坂2-2-23)は、明治記念館正門から本館につながる歩道沿線と建物正面に『明治記念館 2014冬「和のイルミネーション」』と題し、『和』をテーマにしたイルミネーションを2014年12月9日(火)より点灯を始めた。『明治記念館 2014冬「和のイルミネーション」』のテーマは「美しい日本の結婚式」。明治記念館の象徴である“金鶏”と“七宝”パターンをモチーフに、竹を活用したオブジェでお客様をお迎えする。年末に続々と日本各地でスタートするクリスマスイルミネーションとは一線を画した、明治記念館ならではの「和」のイルミネーション。2020年の東京オリンピックに向け日本文化を改めて見直す機会に、美しい「和」「伝統文化」を表現する。

骨董・ギャラリートーク.jpg

 東京 アート アンティーク 実行委員会は、「東京 アート アンティーク 2015~日本橋・京橋美術骨董まつり~」を2015年4月16日(木)から4月18日(土)までの3日間開催する。「東京 アート アンティーク ~日本橋・京橋美術骨董まつり~」は「日本橋・京橋美術骨董まつり」として1998年から始まり、年に1回から2回開催してきた。2010年に名称を「東京 アート アンティーク」と改めてから、今回で6年目を迎えることとなり、約80軒の美術店・画廊が参加する予定。東京都中央区の京橋・日本橋エリアは、戦後から古美術・工芸・日本画・近代絵画・彫刻・版画など約150の専門店が多岐にわたり集積する、東京でも銀座に次ぐ個性豊かなアート密集地となっている。「東京 アート アンティーク ~日本橋・京橋美術骨董まつり~」はその地域性を活かし、敷居が高いと思われがちな古美術店や画廊へより広い層の方々に気兼ねなくお越しいただき、様々な美術品をより身近に触れていただくことを目的としている。画像:2014年 ギャラリートークの様子

ライブビューイング・BIGBANG.jpg

 BIGBANGが2015年1月18日(日)京セラドーム大阪で行う「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 "X"」を全国47都道府県の映画館へライブ・ビューイングを実施する。そして、この度、ライブ・ビューイングを実施する映画館でもオフィシャルグッズの一部商品と、ライブ・ビューイング会場限定グッズの販売が決定した!販売グッズは、ライブ会場では定番のTシャツやリバーシブルで使えるスポーツタオル、スティックライトボールペンという人気アイテム。さらにライブ・ビューイング限定アイテムとして、メタリックのボディにかっこいいツアーロゴが入ったタンブラーは、普段使いはもちろん、ライブ・ビューイング参加の記念としてもぴったりな商品。そして、BIGBANGのライブグッズではおなじみのBロゴがかわいいキーカバーはラバー製でお取り扱いも簡単、そしてPOPなデザインが目印にもなるファン必須アイテムです。気になる限定商品のデザインはライブ・ビューング会場に行った人だけのお楽しみ!

キャラ研・ジャッキーのしんゆう.jpg

 人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の世界が堪能できるイベント「くまのがっこうスペシャルショップ ジャッキーのしんゆう」を開催!大阪 阪急うめだ本店9階 祝祭広場にて、2014年12月27日(土)~2015年1月12日(月・祝)10/25にオープンしたオフィシャルショップ「ジャッキーのゆめ」東京駅店の限定グッズを特別販売したり、ワークショップや、フォトスペース、ジャッキーカフェなど内容盛りだくさん!世界中で愛されている大人気絵本シリーズ「くまのがっこう」は、11ひきのやさしいおにいちゃんくまのこたちと、いたずらできかんぼうな女の子ジャッキーが繰り広げる、何でもないけれど温かい日々のお話。そんな「くまのがっこう」の世界が体感できるイベントが、年末年始に大阪 阪急うめだ本店にて開催!絵本最新刊『ジャッキーのしんゆう』をメインテーマに、絵本型フォトコーナーや、ジャッキーのぬいぐるみのTシャツが作れる『ジャッキーTシャツづくりワークショップ』、今回初企画となる『ジャッキーなりきり撮影会』、たくさんのグッズが溢れるスペシャルショップなど、わくわくする内容がいっぱいのイベントとなっている。

ispace・Moonraker.jpg

 Googleによる賞金総額3,000万ドルの国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下 GLXP)に挑戦する株式会社ispace/ispace inc.(東京オフィス:東京都港区麻布台)が運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下 ハクト)」は、ファイナリストとしてノミネートされている中間賞の獲得に必要な各種試験を終了し、GLXPに報告書を提出した。結果は、審判団による報告書レビューののち、2015年1月26日に行われる米国(California Academy of Sciences - SanFrancisco, CA)でのセレモニーにて発表される。「ハクト」は、月面探査ローバーのプレフライトモデル、「Moonraker」と「Tetris」が打ち上げ可能(Flight-Ready)な宇宙機として機能することを証明するために、各種試験を行ってきた。画像:月面に見立てた砂丘を走行するMoonraker

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち01イベントカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは02IT・情報通信です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。