SEO・SEM・サイト診断の最近のブログ記事

 株式会社モードツー/Mode2 inc.(東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見 智威)とソフトバンク・テクノロジー株式会社/SOFTBANK TECHNOLOGY CORP.(SBT、東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市)は、この度協働で、お客様のウェブサイト改善をワンストップで行うパッケージサービス『siteVALUE』の提供を始める。近年、ウェブマーケティングにおいてROI(※Return on Investment:投資利益率)の最大化が至上命題となっている。企業にとっては、サイトに訪れるユーザの行動を解析し、改善のためのPDCAサイクルを推進することが、売り上げの拡大やユーザのロイヤリティ向上につながるウェブサイトを構築するカギとなる。今回提供を開始する『siteVALUE』は、お客様のウェブサイトの価値最大化に向けた改善を支援するサービス。

 株式会社ディテイルクラウドクリエイティブ/DCC Inc.(東京都渋谷区、代表取締役社長:南雲 宏明)は、サイトがGoogleからペナルティを受けた際の対策として、完全成功報酬型のペナルティ解除サービスを始めた。検索結果の順位が急に下降してしまった、Googleウェブマスターツールを通して警告メッセージが届いてしまったなどの時は、Googleから何らかのペナルティを受けている可能性が高く、直ちに解除の申請を行わないと検索順位が更に下降する、検索結果が表示されなくなるなどの問題が発生してしまう。しかし、実際に申請する際に何を行えばよいか、また手続きを行って解除させたくても業務が忙しく時間も取れず、そして確実に解除されるかが分からない、という不安が残る。

KAIZEN・スマホサイト.png

 WEBサービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム『planBCD』を運営するKAIZEN platform Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:須藤 憲司)は、これまでPC向けに展開していた『planBCD』のスマートフォン向けWEBサイト対応機能をリリースした。それに合わせてこれまで英語版のみだったサービスの日本語化対応も完了し、本格的に国内向けのビジネスを加速させる。8月より大手企業向けにサービス提供を開始しているA/Bテスト管理プラットフォーム『planBCD』は提供企業が10社を超え、様々なECやWEBサービスや広告代理店さまにご利用頂いている。画像:スマホWEB対応

SBT・Googleアナリティクス.jpg

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社/SOFTBANK TECHNOLOGY CORP.(SBT、東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市)は、Google社が提供するデジタルマーケティング最適化を支援するソリューション「Google アナリティクス プレミアム」のリセラー契約を締結し、サービス提供を始める。これまでSBTは、2000年より、オンラインビジネスを支援するソリューションとサービスを取り扱う専門のチームを設立し、デジタルマーケティングの推進において実績を残してきた。中でも、SBTオリジナルのウェブアクセス解析コンサルティングサービス『SIGNAL』は、ウェブアクセス解析の導入~最適化施策遂行支援までをオール・イン・ワンで提供できる支援体制がお客様から好評をいただいている。この度「Google アナリティクス プレミアム」とも連携することで、これまで高機能を持つツールをうまく使いこなすことができなかったお客様においても、広く安心してご導入いただけるようになる。

 株式会社サムライズ/SAMURAIZ Corporation(東京都中央区、代表取締役社長:谷 利太郎)は、同社が日本国内総販売代理店として取り扱う「ウェブトレンズ・オンデマンド・アナリティクス(Webtrends)」が、株式会社ドワンゴ/Dwango Co.,Ltd.(東京都中央区、代表取締役社長:荒木 隆司)の運営する動画配信サービスの閲覧状況や反響を横断的に分析できるツールとして採用されたと発表した。ドワンゴは、お馴染みのniconico(ニコニコ動画、ニコニコ生放送、ニコニコチャンネル)を初めとした多彩なエンタテイメントコンテンツをインターネット上で提供している。同社では、ニコニコ動画、ニコニコ生放送、ニコニコチャンネル等のサービスの質を高めるために、各々のサービスの閲覧状況や反響を分析していた。今まではそれぞれのサービス毎に分析していたが、全てのサービスを横断的に分析することにより、これらサービスの相乗効果を活かした更なる品質の向上につながる方策を見出せるのではないかと期待し、検討を進めていた。

 株式会社イー・エージェンシー/e Agency Co., Lyd.(東京都千代田区、代表取締役:甲斐 真樹)は、この度、「Google アナリティクス プレミアム リセラー」( Google Analytics Premium Authorized Reseller)の契約をGoogleと締結し、 Google アナリティクス プレミアムの国内での正式販売を始めた。Google アナリティクス プレミアムは、サービスレベルの保証やデータ処理能力の水準を引き上げた大規模サイト向けの有料アクセス解析サービス。レポート反映時間やサービスレベル保証、プレミアムオリジナル機能や、サンプリングされないデータのダウンロード提供、品質の高い教育やサポートを提供する。

 株式会社ヒューゴ/HUGO, Inc.(大阪市中央区、代表取締役:中田 大輔)は、検索エンジンGoogle(グーグル)から受けたペナルティの解除を目的とするサイト、その他SEOで上位表示を目指すサイト、新規制作中のサイトを対象に検索エンジン側で任意に定められている検索エンジンガイドラインへの適正化をチェックする新サービス『ガイドラインチェッカーPRO』を、2013年2月28日にサービスインした。ガイドラインチェッカーPROは、SEO対策に従事してきた専門家が対処し、ペナルティ解除やガイドラインに添ったサイト制作を行うことで検索エンジン上での高い評価を得やすくし、SEO対策時にも効果を発揮することを目的としたガイドライン適正化サービス。ガイドライン違反としてペナルティを受けているサイトに関しては、早急なペナルティ解除施策が必要となるため、各違反項目に対応した施策手順を通知する。その他、公開されているガイドラインへの徹底した適正化を図るため、必要項目を満たせていない箇所についての改修指示を行うサービス。

Fringe81.jpg インターネット広告テクノロジー開発企業のFringe81株式会社/Fringe81,inc.(フリンジ ハチイチ、東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 弦)はウェブサイトに設置した外部広告タグが引き起こすセキュリティエラーやサイトの遅延・ダウン等のリスクを未然に防ぎつつ、タグエラー箇所を素早く発見し、対処できる「タグセキュリティ」サービス『TagKnight(タグナイト)』を始めた。第一弾として、2月4日より、広告タグを対象とした発火成功率/読み込み速度のレポーティング、および万が一エラーが発生した時の通知システム「タグナイトモニタ」と、どこに何のタグを設置しているかが視覚的に理解できるマネジメントシステム「タグナイトマップ」をリリースする。本システムは当初よりPCのみならずスマートフォンにも対応し、タグ高速化も従来比最大50%の高速化に成功している。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちSEO・SEM・サイト診断カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはEC向けソフト・サービスです。

次のカテゴリはマーケティングです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。