エコ・ロハスの最近のブログ記事

コニカミノルタ・エコ俳句.jpg

 コニカミノルタ株式会社/Konica Minolta, Inc.(東京都千代田区、社長:山名 昌衛)は、環境に関する思いを五・七・五のリズムにしたためた作品を募集した「コニカミノルタ エコ俳句大賞2014」の入賞作品を決定した。本コンテストは、より多くの皆さまにご参加していただくため、俳句特有の「季語」や、多少の「字余り・字足らず」にはこだわらず、『省エネ』と『エコ(環境)』をテーマに募集している。開始から10年目を迎えた今年は、過去最高の応募総数となる13,514句のご応募をいただき、その中から下記のとおり大賞、優秀賞が決定した。今回は、省エネ、リサイクルなどの環境意識が日々の生活に根づいたことを感じさせる、四季折々の感慨を詠んだ作品がこれまでより多くみられるようになり、また、生物の大切さに想いを寄せる作品も多数ありました。

生活クラブ・サスティナブルレポート.jpg

 生活クラブ/Seikatsu Clubでは、限りある資源を有効に使い、できるだけ循環させ、自然と共生できる「サステイナブル(持続可能)」な暮らし方を提案し、実践してきた。遺伝子組み換え作物や添加物を排除した食品の共同購入、国内自給率を向上させる飼料用米の取組みをはじめ、びんのリユースや自然エネルギーの推進、地域福祉の取組みなど、2013年度に進めてきたさまざまな実践の成果を「サステイナブルレポート」としてまとめた。一人ひとりのチカラは小さくても、生活クラブ東京の組合員7万人が1年間生活クラブを利用し、活動を続けた結果が大きな数値として表れた。以下にサステイナブルレポートの一部を紹介する。

エムフロント・リサイクルバッグ.jpg

 タイのメーカー、Triple-pim 社が製造しているアップサイクリングのバッグ・小物のブランド「TheRemaker(ザリメーカー)」の日本総代理である輸入品卸・小売業の株式会社エムフロント/M-front Co.,Ltd.(鹿児島県鹿屋市、代表取締役社長 前田昌文)は、6月1日より「TheRemaker(ザリメーカー)」の販売を楽天直営ショップ(ユーロサイクル)及び公式サイトからのオンライン販売、卸売にて始めた。「TheRemaker(ザリメーカー)」は、アップサイクリング(upcycling) のコンセプトで作られたバッグ・小物を製造しているブランドであることが最大の特長。アップサイクリング(upcycling)とは、不要になったものに手を加えることで、従来とは異なる新たな機能と美しさをもったものにつくりかえること。従来のリサイクルの多くが素材やデザインの劣化を伴うのに対し、より付加価値の高いものに生まれ変わらせることをいう。また、アップサイクリングとは、再利用するだけじゃない、新たな『価値』と『有用性』を生み出し蘇らせることをいう。

エコトワザ・エコグッズ.jpg

 株式会社エコトワザ/eco+waza Inc.(東京都国立市、代表取締役社長:大塚玲奈)が運営するオンラインショップが、毎月様々なエコアイディアと実践の品が届くTOMORROW BOXを4月よりリニューアル新発売する。月々3000円(税抜・送料込)で、季節のテーマにあわせ英日バイリンガルのレシピノートと、5~8品が届く会員制サービス。昨年7月より開始した同サービス、新しいボックスは会員の声を反映し下記3つの点を特徴とする。近年、アメリカやイギリスを中心に話題を呼んでいる「ボックス」サービスのエコ生活版が、これまで以上に多くの方に「明日がときめく暮らしのレシピ」を楽しんでいただける内容となった。

スマートライフ研究所・ソーラーポッド.jpg

 スマートライフ研究所/Smart Life Labo(有限会社ドリームチーム/Dreamteam Inc.、横浜市青葉区)は、3月6日(木)、電気や燃料を使わずに太陽光だけで水を沸かし、かつ保温ができる携帯型ポットを発売した。最先端の太陽光技術から生まれた【ミラクルソーラーポット】は、電気や燃料を使わずに太陽の光だけで水を沸騰させ、保温ができる携帯型ポット。エコを極めた熱真空管技術で、真夏の晴天時の太陽光なら約2時間で500mlの水が沸騰。河川水を煮沸消毒したり、雪を溶かして熱湯にするなど、緊急時対応も可能。雨風・傷にも強い高品質素材、真空管はバイコールガラスだから触っても熱くならない!究極の代替エネルギーツールとなっている。

ソーラーアワード2013.jpg

 今年(2013年)突出した成果を残した関連トレンド、人物、事業などを表彰する「SOLAR AWARD/ソーラーアワード」表彰式が、「エコプロダクツ2013」内環境コミュニケーションステージにて開催。世田谷区長保坂展人氏や、エコアイドルAeLL.などが受賞した。2013年12月12日、ソーラーアワード実行委員会(「IT&家電ビジネス」「ENECO地球環境とエネルギー」「月刊Business i」「SOLAR JOURNAL」)は、ソーラー関連事業の発展、および消費者の関心のさらなる喚起を目指して、今年(2013年)突出した成果を残した関連トレンド、人物、事業などを表彰する「SOLAR AWARD/ソーラーアワード」表彰式を、「エコプロダクツ2013」内環境コミュニケーションステージにて開催した。

 コニカミノルタ株式会社/Konica Minolta, Inc.(東京都千代田区、社長:松崎 正年)は、環境に関する思いを五・七・五のリズムにしたためた「コニカミノルタ エコ俳句大賞2013」の入賞作品を決定した。本コンテストは、より多くの皆さまにご参加していただくため、俳句特有の「季語」や、多少の「字余り・字足らず」にはこだわらず、『省エネ』と『エコ(環境)』をテーマに募集した。応募総数は6,566句と、今年もたくさんの方々からご応募いただいた。今年は早い梅雨明けの後に全国的に厳しい暑さが長く続いたこともあり、家庭や学校、職場で節電しつつ、暑い夏を乗り切るためのいろいろな工夫を取り上げた作品が多く見られた。また、家族が登場する作品からは、省エネや環境が日々のくらしに深く根づいている様子が感じられた。

エコカレンダー・マーシャル.jpg

 有限会社サステイナブル・デザイン研究所/Center for Sustainable Design itd.(東京都世田谷区、取締役社長 西原 弘)は、南洋マーシャル諸島のサンゴ礁・椰子の木・ラグーン、ガラパゴス諸島のチャーミング生き物たち満載の2014年エコカレンダー特設サイトをオープンした。まだ来年のカレンダーを選んでいない方へ―もうすぐ師走、12月。そろそろ、来年のカレンダーも準備しておきたいですね。365日、毎日見るカレンダー。間に合わせで選ぶのなら100円ショップへ。でも、選りすぐりの素晴らしい写真を毎日見たいあなたには、別の選択肢がある。眺めるだけで楽しく、買うだけでエコに貢献できるエコカレンダーはいかがでしょう。画像:マーシャルカレンダー2014の表紙(12か月の写真入り)

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちエコ・ロハスカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。