02IT・情報通信の最近のブログ記事

リンクス・LIVA X.jpg

 ECS正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル/LINKS INTERNATIONAL CO., LTD.(東京都千代田区、代表取締役:川島義之)は、Intel Bay Trail-M SoC Celeron N2808、mSATAスロット×1搭載、eMMC 64GBメモリストレージ、4GB DDR3Lメモリ、VESAマウント付属、ECS MINI PC LIVA Xを2015年1月下旬より全国の家電量販店、PCパーツ専門店にて発売する。LIVA Xは、Intel Celeron N2808搭載、VESA対応の小型ベアボーン。ファンレス設計による完全無音動作を実現している。eMMC 64GBメモリストレージ、容量4GBの低電圧DDR3Lメモリ内蔵、Wi-Fi 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0標準搭載、OSを入れるだけで簡単にデスクトップPCを構築可能です。また、ストレージ拡張用のmSATAスロットを搭載、mSATA SSDなどに別途OSのインストールが可能。

 株式会社グローバルワイズ/GLOBAL WISE Co.(名古屋市中村区、代表取締役:伊原 栄一)は、パートナー企業である、ドイツのセキュリティソフト会社G DATA Software AG(本社:ボーフム市、代表取締役:カイ・フィゲ他)が作成した、2015年のマルウェア動向予測の日本語版を発表した。特に、社員の所有す るアンドロイドOSスマートフォンに感染した後、企業ネットワークに侵入し、ウィンドウズOSのパソコンから企業情報を盗み出すスパイウェアの活動が活発になるおそれがあるため、広く注意を呼びかける。

FC2,inc.は、ニールセン株式会社が、2014年12月16日に発表した日本のインターネットサービス利用者数ランキングにおいて、Yahoo, Google に次いで第3位となったと発表した。FC2は1999年にサービスを開始して以来、多くのユーザー様の声を積極的に取り入れ、新規サービスを導入してきた。インターネットの無料レンタルサービス、ホスティングはもちろん、ドメイン販売やアプリーケーション開発にも力を入れている。その結果、延べユーザー数は2,700万人を超えており、登録者数も日々伸びている。ネット利用者数ランキングにて日本国内第3位になれたのも、日頃ご利用いただいているユーザー様のおかげであり、ユーザー様にご満足いただけるよう、今後も新しいサービスを導入するとしている。

 株式会社ACCESS/ACCESS CO., LTD.(東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア、最高経営責任者:大石 清恭)は、同社の、NFV (Network Functions Virtualization(※1)をベースとした「VirNOS(TM)(ヴァーノス)」を、ネットワーク構築ソリューションを必要とする顧客に向けたデモやトライアルを行うための評価ライセンスの供与を開始したと発表した。この度の発表に先立ち、本評価ライセンスは日本電気株式会社/NEC Corporation(東京都港区)に供与され、IP InfusionはNECと共同で、「VirNOS」ソフトウェアと、NECの仮想化モバイルコアネットワークソリューション「Virtualized Evolved Packet Core(vEPC)」を含むマルチベンダ環境でのNFVソリューションとの広範囲にわたる評価を行った。これに基づき、現在、海外や日本を本拠とする複数の主要通信事業者に向けた「VirNOS」の評価を実施している。

PI Integrator for Esri ArcGIS.jpg

 OSIsoftジャパン株式会社/OSIsoft Japan KK(東京都港区、代表取締役社長:安並 裕)は、リアルタイムデータ・イベント管理システム「PISystem(TM)」と米Esri社が提供する地理情報システム「Esri ArcGIS(R)」とのシームレスな連携を実現する時間・空間統合分析プラットフォーム「PI Integrator for Esri(R) ArcGIS(R)」をリリースしたと発表した。これにより、今までは困難とされてきた設備データ(設備・工場内の温度や圧力、電圧等の多種多様なデータ)とその位置情報の統合的な分析・可視化が開発作業をすることなく、設定ベースで容易に実現できるようになった。

 ビジネスラリアート株式会社/BusinessRalliart inc.(京都府京都市、代表取締役中西俊之)は、沖縄の地理的名称トップレベルドメイン(*1)「.ryukyu」(ドット琉球)の先行登録期間開始受付(ランドラッシュ登録)を、2014年12月24日より始める。これまでインターネット上で使用できるgTLD(*2)は、.comや.net等の22種類に限定されていたが、インターネット上で使用されるドメイン名等を管理する非営利団体のICANN(*3)は、2012年に新たなトップレベルドメイン(以下、新ドメイン)導入のためのルールを改定した。このルール改定により、ICANNに申請を行い厳正な審査を経て承認された団体や組織が、レジストリとして新ドメインの運営を行うことが可能となった。

 株式会社アシスト/K.K. Ashisuto(東京都千代田区、取締役社長:大塚 辰男)は、タブレット端末向け電子フォーム・システム「e.Form(イーフォーム)」(開発元:韓国I-ON Communications Co, Ltd.)と世界で500社以上の導入実績があるBRMS(*)「Progress Corticon(プログレス コーティコン)」(開発元:米国Progress Software Corporation)を組み合わせたソリューション「TEGARU(テガル)」の提供を12月17日より始めた。また、両製品を契約した場合、e.Formの初年度費用が無償になる「Progress Corticon & e.Form『同時割』キャンペーン」を2015年3月末までの期間限定で実施する。*BRMS:ビジネスルール管理システム

 インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア/AZIA CO.,LTD.
(東京都品川区、代表取締役:美濃 和男)は、主力製品であるe-CRMシステム「WEBCAS」シリーズの新ラインナップとして、SMS(ショートメッセージサービス)配信システム「WEBCAS SMS(ウェブキャス エスエムエス)」を発売することを決定したと発表した。近年のスマートフォンの急激な普及や、多くの個人同士のコミュニケーション手段がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に移行したことを受け、フィーチャーフォン全盛期に圧倒的利用率を誇っていた「キャリアメール」の利用頻度が減少しつつある。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち02IT・情報通信カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは01イベントです。

次のカテゴリは03オフィス店舗・家具です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。