スマホ・Tab(ビジネス)の最近のブログ記事

 株式会社MetaMoJi/MetaMoJi Corporation(東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、「MetaMoJi Note 企業版」Android版の提供を始めた。これまで多くお客様よりご要望をいただいていたMetaMoJi Noteを社内のシステムと連携してお使いいただくのに最適な製品形態、ライセンス形態となり、基本的なノート機能と連携APIの組み合わせで構成される。企業においてPDFに手書き文字、写真、スタンプなどをアノテーション(あるデータに対して関連情報を注釈として付与)するといった、ペーパーレスソリューションのフロントエンドとして、MetaMoJi Noteをお使いいただくことが容易になる。

 ビジネスシーンに特化したWEBソリューションを提供する株式会社ジェネストリーム/Genestream, Inc.(東京都品川区、代表取締役社長:秋貞雄大)は、交通費精算を10秒で終わらせる交通費精算Androidアプリ「Suica-hacker/スイカハッカー」をモバイルSuicaにも対応するアップデートを行い、2014年12月11日に提供を始めた。これまで、Suica/PASMOカードの読取りのみに対応していたが、この度のアップデートにより、モバイルSuicaの利用履歴も読み込むことができるようになったことで、さらに多くのシーンでご利用いただくことが可能になった。

日本エンター・ビズトーク.jpg

 日本エンタープライズ株式会社/Nihon Enterprise Co., Ltd.(東京都渋谷区、代表取締役社長:植田 勝典)は、企業のクローズドな環境でセキュアな リアルタイム通信を実現する、ビジネス専用メッセンジャーアプリ『BizTalk』を開発し、平成26年11月より販売を始める。メール流量が膨大化し、メールによる情報伝達の即時性が失われた昨今、スマートフォンを使った新たな情報伝達のツール として、未読・既読の状況を確認しながらリアルタイムにメッセージを送り合えるメッセンジャーアプリが急速に普及している。 アプリストア(※1)では、SNS連動型、IP電話機能付、エンターテインメント性に優れたアプリなど多様なメッセンジャーアプリが公開され、スマートフォンユーザであれば誰もが気軽に無料でアプリを利用できる環境が整った。

アイキューブド・iOS8.jpg

 株式会社アイキューブドシステムズ/i3 Systems, Inc.(福岡市南区、代表取締役社長:佐々木 勉)は、2014年9月にリリースされたiOS 8の主要なビジネス向け機能強化と、iOS 8で実現する最新の管理・運用スタイルをまとめた「iOS 8ビジネス向け機能強化ポイント解説」を、iOSデバイスの法人活用を検討・実施されている方向けに公開した。iOS 8 は「iCloud Drive」「Handoff」「他社製キーボードの対応」など、様々に使い勝手が向上して注目を集めているが、ビジネス向けにも機能強化が実施され、企業で利用しやすい OS としてさらなる進化を遂げた。しかし、機能強化点を十分に理解しないまま iOS 8 を導入すると、想定外のトラブルや運用コストの増加を引き起こしかねない。同社では、本課題の解決に向けて、国内 MDM 市場3年連続シェアNo.1(*1)のMDMサービス「CLOMO MDM」を開発・提供する、同社ならではの知見を活かして iOS 8 のビジネス向け機能強化を解説する資料を公開することとした。

 6Wunderkinder GmbH (本社:ドイツ・ベルリン、以下「6Wunderkinder」) は、iOS 8の配信開始を祝し、ToDo リスト管理アプリ「Wunderlist (読み:ワンダーリスト)」がいち早くiOS 8新機能に対応すると発表した。新しいウィジェット機能「今日の表示」が搭載されることで、iOS 8の通知センターで、今日の予定をひと目で確認することができるようになる。「Wunderlistへ追加」という拡張機能により、その他のアプリから直接ToDoをWunderlistに追加することが可能となる。また、Appleの新しいHandoff機能とインタラクティブ通知は、iPhone、iPad、Macでのシームレスな作業を実現する。

プラグラム・スマレジ.jpg

 iPad等のタブレットを利用したPOSレジ「スマレジ」を展開する株式会社プラグラム/PLUGRAM, Inc.(大阪市中央区、代表取締役社長:山本 博士)は、フラットデザイン化、クレジットカード決済強化、月額費用無料化など、高機能なタブレットPOSレジとして『スマレジ2』を7月1日より提供を始めた。「スマレジ」は他社製品を圧倒する多数の機能を維持しながら、小規模から中規模の小売店・飲食店等、より多くの店舗へ簡単に導入できるPOSレジを提供するため、現状の「スマレジ」の機能を大幅に改良しました。「スマレジ」は2011年9月のリリース後、現在に至るまでに約1,000アカウントの登録を達成した(2014年7月1日時点の契約中店舗数:970店舗)。そして、今回のアップデートによるフリーミアム化を皮切りに2014年内に10,000アカウントを目指す。

M-SOLUTIONS・Smart at.jpg

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社/SOFTBANK TECHNOLOGY CORP.の連結子会社であるM-SOLUTIONS株式会社/M-SOLUTIONS,Inc.(M-SOL、東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 光浩)は、この度、iPad対応の業務支援アプリケーション Smart at(スマート アット)の無償版を新たに提供を始めた。Smart atは、「タブレット端末のビジネス活用を推進し、ワークスタイルを変革させる」というコンセプトで、ユーザが手軽に使えて業務効率の向上につながる多彩な機能を提供し、業務効率化をスマートに支援する有償のサービス。今回M-SOLは、iPadによる業務効率化をより多くのユーザに体感いただき、より高品質・便利なサービスへと進化させるため、Smart atの3つの機能を無料で提供するプランを始めた。

 株式会社クレスコ/CRESCO, LTD(東京都港区、代表取締役社長:根元 浩幸)およびクレスコ・イー・ソリューション株式会社/CRESCO e-Solution Co.,LTD.(東京都港区、代表取締役社長:谷口 義恵)は、SAP基幹業務をモバイル化し、業務効率を格段に向上させる新ソリューション『Mobick(モビック)』の販売を始める。今回発表したソリューションは、フロント技術にHTML5を採用し、マルチデバイス対応を実現している。モバイル化を容易にする開発ツールキットを用いた生産性の高いシステムインテグレーションを提供し、基幹業務を幅広く、強力にサポートする。本ソリューションは、SAP(R) CRM/SAP(R)ERP/SAP(R) PLM/SAP(R) SCMなどで構成されるSAPの主力製品「SAP(R)Business Suite」に対応しており、SAPを導入、あるいは検討されているユーザー様にとって、利便性の高いサービス内容となっている。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスマホ・Tab(ビジネス)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはスマホ・Tab(ゲーム)です。

次のカテゴリはスマホ・Tab(一般)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。