モバイル・携帯の最近のブログ記事

MMD研・スマホ.jpg

 MMD研究所/MMD LABO.は、スマートフォンを所有する20歳以上の男女561人を対象に「スマートフォンのセキュリティに対する意識調査」を実施した。それによると、スマートフォンに対する不安、「故障」が50.3%で最多、次いで「ウィルス感染」が46.5%、「不安は感じない」は16.9%となっている。スマートフォンのセキュリティ対策では、「パスワードや指紋認証などによる画面ロックの設定」は46.2%、「無料セキュリティアプリのインストール」は22.6%だった。セキュリティ対策を講じていない理由は「対策方法が分からないから」が43.3%で最多、次いで「対策の必要性を感じないから」が38.5%―などとなっている。

 MMD研究所/MMD LABO.は、2014年9月19日~9月21日にかけてシニア(60歳以上)2,020人を対象に「2014年シニア層のスマートフォンに関する調査」を実施した。所有している端末の購入時期、次回購入する携帯電話端末について調査している。それによると、シニア層(60歳以上)のスマートフォン所有率は27.6%、昨年より4.4%増加している。スマートフォンを所有しているシニアの77.9%がスマートフォンを購入すると回答、フィーチャーフォンを所有しているシニアの23.7%がスマートフォンを購入すると回答している。

初音ミクモバイル.jpg

 モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社/neos Corporation(東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史)と、『初音ミク』を筆頭とするバーチャル・シンガーを展開するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社/CRYPTON FUTURE MEDIA, INC(札幌市中央区、代表取締役:伊藤 博之)は、この度「auスマートパス」向けアプリサービス【初音ミクモバイル for auスマートパス】をリリースした。ネオスとクリプトンは、本アプリサービスのリリースに先立ち、2013年8月より共同でAndroid・iOS向けに月額制アプリ・コンテンツ取り放題サービス【初音ミクモバイル500コース】をリリースしていた。サービス内容は、「天気」「メモ帳」「カレンダー」などのユーティリティ系アプリと、「ライブ壁紙」「きせかえ」などのカスタマイズ系コンテンツ、LINEやメールで利用できる「スタンプ画像」などのデジタルコンテンツ。このサービスから、人気のアプリおよびデジタルコンテンツを厳選し、初音ミクらに関する最新ニュースの提供機能などを加えたものが、今回「auスマートパス」向けサービスとしてリリースした【初音ミクモバイル for auスマートパス】となっている。

 MMD研究所/MMD LABO.は、2014年8月6日~8月8日にかけて小学生の子供を持つ20歳~49歳の女性670人に「小学生の子供を持つ母親の携帯電話端末に関する利用実態調査」を実施した。それによると、小学生の子供に携帯電話端末を持たせる必要性を感じる親は57.0%。子供に携帯電話端末を持たしていない母親の約7割が「購入したいとは思わない」。携帯電話端末の学校への持ち込みは約3割。子供に携帯電話を持たせていてよかったと思うこと「緊急時に連絡が取れる、位置情報がわかる」―などがわかった。

ムスビー・中古携帯ランキング.jpg SBIライフリビング株式会社/SBI Life Living Co., Ltd.(東京都渋谷区、代表取締役 相原 志保)が運営するフリーマーケットサイト「ムスビー」の携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」の2014年5月の中古携帯/スマホ ランキングを発表した。 3か月連続でドコモの「iPhone 5s」が1位となり、トップ10の半数もiPhoneと人気は継続しているが今月はiPhone以外の健闘も目立った。ドコモの「ARROWS NX F-01F」の平均価格が先月から約1万7千円も安くなり、これまでiPhone以外で人気No1だった「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」の平均価格に近付き、先月20位から2位と急上昇した。auはiPhone以外の機種で「Xperia Z1 SOL23」と「ARROWS Z FJL22」が順位を上げ2機種ランクインした。auでiPhone以外の機種がランクインすることは珍しい。考えられる一つの要因として5月15日にau初のMVNOサービス「mineo」が6月3日から開始されると発表されたことにあるのではないだろうか。実際にこの発表日から「ARROWS Z FJL22」の取引が活発となった。取引数の8割以上が15日以降のものである。

 MMD研究所/MMD LABO.は、スマートフォンを所有している15歳~49歳のスマートフォンを所有している男女833人を対象に「2014年5月コミュニケーションアプリに関する調査」を2014年4月22日~4月24日にかけて実施した。本調査では、コミュニケーションツール・アプリの認知度、利用状況、チャットアプリへの依存について調査している。それによると、よく利用しているコミュニケーションツールは「無料通話・チャットアプリ」がキャリアメールを上回る結果となった。また、LINEのチャット利用は9割、無料通話利用は7割。チャットアプリユーザー3割がチャットアプリに依存。既読スルーを気にしている人は44.6%という結果となった。

BBC・富裕層の携帯.jpg

 BBC ワールドニュース・ BBC.com/news は、この種の調査では史上初となる「世界の消費者によるモバイルデバイスの利用」についての調査結果を発表した。調査したのはオーストラリア、ドイツ、スウェーデン、インド、香港とアメリカの6,000人のスマートフォンユーザー。各国の所得上位20%の富裕層と、その他の一般層の傾向を比較した。それによると、スマートフォンが富裕層にとってますます重要になっていること、モバイルデバイスが彼らの私生活、そしてビジネスに、非常に深く結びついていることが明らかになった。それは技術向上によってコンテンツにより深く関わることが可能になったためだ。また BBC ワールドニュースと BBC.com/news 利用者の大半を占める富裕層が、一般層よりはるかにモバイル広告に受容的であるという確かな証拠も得られた。

 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ/booklista Co.,Ltd(東京都港区)は、雑誌記事が手軽に楽しめるスペシャルサイト「キジヨム。」を本日1月22日(水)よりプレオープンした。ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社/Sony Mobile Communications Inc. の新スマートフォン「Xperia(TM) Z Ultra」(発売:KDDI株式会社/KDDI CORPORATION)が発表されたことに合わせてのプレオープンとなっている。正式オープンは2014年1月31日(金)の予定。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちモバイル・携帯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはソーシャルネットです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。